料理の種類によって調理器具を使い分けるメリット

調理器具選びに悩む人のお役立ちサイト

>

使い分けするメリットも把握しよう

1つの調理器具を使うメリット

まずは「1つの調理器具を使うメリット」を考えてみましょう。
極端な話ですが、電子レンジがあると料理から炊飯までほとんどの料理が可能です。
お茶やコーヒーを淹れたり、お惣菜を温め直したりするのにも便利ですよね。

また、鍋1つあると、煮物からラーメン作りなど、いろいろな料理が作れます。
光熱費節約でも注目される「土鍋調理法」は、炊飯にも役立ちます。
炒め物やパンケーキづくりに定番のフライパンも、あると重宝するのではないでしょうか。

このように、1つの調理器具をいろいろな料理に使う方法があります。
調理器具が少なくてもよいため、キッチンのスペースが限られている住まいなどにおすすめです。
料理の段取りを工夫すると、洗い物が少なくて済むかもしれませんね。

調理器具を使い分けるメリット

その一方で「調理器具を使い分けるメリット」も知っておきましょう。
料理を極めるためには、その料理に合った調理器具を選ぶことがポイントです。
それぞれの料理に適した調理器具を使うと、より美味しい料理が作れます。

たとえば、ホーロー鍋は、コトコト煮込むときにおすすめです。
カレーやシチュー、肉じゃがなどに使うとよいですね。
酸にも強いため、和食だけでなく、中華や洋食作りに使うとよいでしょう。

調理家電を使うときも、それぞれの特徴を知ることが大切です。
電子レンジは食品の内側から温めるため、ムラなく仕上げる必要があります。
両面焼きグリルを使うことで、表面がバリッとして中身がジューシーになるメリットが期待されます。

複数の調理器具を使って作る料理も少なくありません。
時間短縮なども意識しながら、有効活用することをおすすめします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る