料理の種類によって調理器具を使い分けるメリット

調理器具選びに悩む人のお役立ちサイト

>

調理器具の種類も知っておこう

調理器具の種類

調理器具は「食材を処理するための器具」「加熱などに使う器具」に分けることができます。
前者には刃物やボウルなど、後者には鍋やオーブンなどが該当します。
調理器具の分類方法はこれだけではありません。
しかし、加熱のために使う調理器具のイメージが大きいのではないでしょうか。

まず、思い浮かぶのは鍋やフライパンですよね。
これらの調理器具は、一人暮らしの人も含め、多くの家庭で使われているでしょう。
特に、鍋は大変身近な存在で、アルミ製やステンレス製のほか、ホーロー鍋や土鍋などがあります。
フライパンには、フッ素加工したものや鉄製のものなども知られていますよね。

電子レンジやオーブン、トースター、グリルなどの調理家電もおなじみです。
これらを使いこなすことにより、限られた時間の有効活用が期待できます。

調理器具選びのポイントは

三度の食事のうち、朝食と夕食は家庭で食べることが多いですよね。
それぞれの食事準備に掛ける時間は家庭によっても異なります。
しかし、効率的に準備するためには、調理器具の存在が大きな鍵を握ります。

調理器具を選ぶときは、使いやすさや使用頻度を優先しましょう。
もし、多機能なものを購入しても、活用する機会が少ないと「宝の持ち腐れ」になるかもしれません。

重さや大きさ、持ち運びするときの便利さを考えることも必要です。
さらに、熱伝導のよさ、保温性に優れたものなど、鍋だけでもいろいろな特徴がみられます。

料理のしやすさだけでなく、簡単に手入れできるものを選ぶことも大事です。
手入れ方法も調理器具の素材などで異なるため、きちんと把握しておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る