料理の種類によって調理器具を使い分けるメリット

調理器具選びに悩む人のお役立ちサイト

>

調理器具は使い分けも大事!そのメリットを考えよう

料理の種類

テレビの料理番組を見ていると、いろいろな料理があることに気付かされます。
調味料の使い方ひとつにも斬新なアイデアがあり、目から鱗が落ちる思いをすることも少なくありません。

また、料理には、その国や地域ならではの特徴もあるため、極めていくとキリがないですよね。
しかし、「煮る」「焼く」「炒める」「揚げる」「蒸す」という、日本料理の基礎・5種類を覚えておくと、応用が可能ではないでしょうか。

たとえば「煮る」は、野菜から肉までいろいろな食材の料理に使える方法です。
食材の形を崩さないで仕上げるためには「蒸す」とよいでしょう。
肉料理におすすめの「焼く」や、野菜炒めでおなじみの「炒める」、天ぷらなどの「揚げる」、それぞれに特徴がみられます。

料理方法を選ぶポイント

料理をするときは、どのような方法を取り入れるのかが大切です。
忙しい毎日のなかで効率的に料理するためには、1つひとつの料理だけでなく、その組み合わせを考えることも大事なポイントです。

たとえば、同じ食材を複数の料理に使うと、食材の無駄を省くことにもつながります。
途中までの工程を一緒に行なうと、時間短縮にもなるでしょう。
三世帯など、家族の年齢層が広い家庭では、それぞれの好みや体調に合わせた料理方法を選ぶ必要性もでてきます。

味付けを工夫したり、食材の切り方を変えたり、1人ひとりに合わせるのは大切です。
それと同時に、少しでも楽に料理ができれば、それに越したことはありませんよね。
このような課題を考えたとき、調理器具選びが大きなウエイトを占めるのではないでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る